メディカルアロマテラピーとは

医療の分野でも注目されているメディカルアロマテラピーは、新たな医療体系として1990年頃から医療現場でも取り入れられるようになってきました。代替医療と呼ばれる東洋医学の漢方や鍼灸などのように、疾病予防や治療などに役立っています。そもそもの始まりは、フランスが発祥で1930年頃からすでに体系化されていたそうです。薬を投与したり医療手段に頼るのではなく、メディカルアロマテラピーは植物の有効成分が濃縮された精油を嗅ぐことで脳に作用させる方法や、肌への塗布や吸入、経口摂取によって臓器や各器官へ作用させる方法があります。自然治癒力を引き出すので、出産時の痛みの緩和やうつ症状の緩和、鼻炎や皮膚炎の改善などに効果があります。ストレスばかりの現代には、こうしたメディカルアロマテラピーの需要は、更に高まっていくでしょう。

メディカルアロマ資格が必要

メディカルアロマはアロマを医療に活かそうというものですが、専門家があまりまだいない状態かもしれません。今のところよく活用されているのは心療内科などメンタル的な部分ですが、今後ますます増えていくのではないでしょうか。ただ、メディカルアロマの場合でもそうした現場で活かすには資格を取得する必要があります。きちんと試験を受けて合格しないといけません。またこの資格についてはアロマに関する知識はもちろんアロマを使ったマッサージ方法や使い方など勉強しなければいけない事がたくさんあります。そう考えると資格としては幅日広い知識が必要となり、試験自体も簡単なものとはいえないでしょう。ただアロマの場合は普通に薬を服用するのと違い体への負担も少なくてすみます。そう考えるとこれから活用されることも増えていくのかもしれません。

メディカルアロマの資格を活かそう

メディカルアロマは年々需要が高まっている医療現場や介護現場を中心に、看護師や介護士のスキルアップの為にとか、鍼灸師や整体師がトータルケアとして学んでいることで注目されています。海外では公的な資格として浸透しているので保険が適用されますが、日本ではまだ治療としての扱いではない為に保険も適用されないようです。それでも徐々に1990年以降から普及されてきましたが、現在ではその重要性も理解されてきたそうです。資格取得にはスクールを受講することが必要で、目安としては費用が大体17~20万円ほどで、受講期間は最短で1週間から6ヶ月ほどになります。就職にも活かせますし、本格的なセラピストを目指す方にもおすすめです。終末期の患者への心身的な苦痛の緩和、更年期障害や月経前緊張症にも活用されだして、こなれからも更にニーズは高まっていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*