メディカルアロマ、東洋の漢方医学に近い概念も

メディカルアロマは近年、日本でも急速に認知度が高まっている療法です。ですが、たしかに医療の世界では認知されていますが一般にはまだ知らない人もいます。メディカルアロマセラピーとは、植物由来の成分を使用して行う自然療法です。「植物由来の成分」というと難しそうですが、ハーブ等に含まれる美容・健康によい成分のことです。従来の西洋医学と違い「人間に生得的に備わっているとされる自然治癒力を高めて健康に」というコンセプトに基づいています。名前だけ聞くと全く斬新なものに思えますが、実は東洋の漢方医学に近いものでもあります。東洋で漢方医学に基づき生薬成分が活用されていたように、ヨーロッパでは古くからハーブが診療・治療に活用されていました。診療・治療だけでなく、例えばオーガニックコスメのように美容にも活用されています。

メディカルアロマ効果によって使い分ける

メディカルアロマは日常においても活用できます。アロマの力でいろいろな体調不良を改善する事も可能でしょう。例えば頭痛などもそのうちの1つです。頭痛はとても深いですが、アロマの力を借りる事によってそれを軽減する事も出来るでしょう。また単に頭痛に効果があると言ってもメディカルアロマですので、もっと専門的にアロマを使い分ける事になります。ただなんとなく効果があるから使用するのでなく、アロマごとの効果を考えて使用していきます。頭痛でも片頭痛と緊張性頭痛のものがありますが、それらの症状によってアロマも使い分けをしていきます。種類にによって効果のあるアロマを使いますので、緊張をほぐすものや血行をよくするものなどうまく組み合わせます。メディカルアロマはきちんと理論に基づいて使い分けがされていますので、それなりに効果も期待できるでしょう。

メディカルアロマとは人の体に優しい療法

アロマテラピーは癒しに、健康に、美容に効果的であるといった理由で、人気があり、手軽に楽しまれています。アロマテラピーの人気から、近年、メディカルアロマが医療の現場で注目されてきています。これは、人が持つ、自然治癒力にアロマを作用させるという考えに基づいています。化学薬品等に頼らず、人の体に優しい療法です。アロマテラピーは芳香療法であり、香りで癒す事を目的とし、主にサロン等で取り扱われているのに対し、メディカルアロマは、患者を治療することを目的としているので、医療機関で主に取り扱われています。しかし、フランスでは医療行為としてみなされていますが、日本やイギリスでは民間療法としてみなされています。実際の使い方は、ハイブリッドオイルとナチュラルモイストジェルという2種類を使い、軟膏やジェル、化粧水として実際に皮膚に塗布することにより、皮膚を通して体全体にアロマの効果を働きかけていく方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です