メディカルアロマは人を癒します。アロマは香りの成分が鼻や皮膚から入って効果をもたらします。最近疲れているなと感じたときや、仕事をしていて気分転換にリフレッシュしたいときにこのアロマが癒しをもたらします。アロマは植物から抽出される精油でできています。これを有効利用したものがアロマです。疲れている場合はそれに効果を発揮する精油を選びます。アロマを扱う方法には芳香浴法、沐浴法、吸入法、トリートメント法、スキンケアがあります。特にトリートメント法は精油をオリーブオイル等と混ぜて腕等に伸ばして行うので、心身ともに癒されます。その時に使う精油は自分の好きな香りのものを選ぶようにします。そして気軽に楽しめるのが芳香浴法です。精油を専用の器具に入れ、あたためると、精油が蒸発し、お部屋に良い香りがいっぱいに広がります。



必要性が高まっているメディカルアロマ

アロマテラピーは、心地よい香りで心身ともにリラックスさせるものであり、多くの人に人気があります。家庭で、実際に使っている人もたくさんいます。メディカルアロマは、アロマを使い更年期障害や月経痛、不妊症、心の病など様々な医療の面で治療に使い、回復させていくというものであり、注目されています。健康や美容にも効果が期待でき、近年メディカルアロマの必要性は高まっています。様々な活躍の場があります。通信講座などもあるので、働きながらでも、家庭で家事や育児をしながらでも資格取得を目指すことができます。資格取得を目指すことで、実際の生活の中でも活躍させることができます。毎日を生き生きと過ごせるだけでなく、病気の予防にも役立ちます。心地よい香りの種類や効能だけでなく、基礎医学の知識やテクニックなども身につけることができます。



メディカルアロマの普通のアロマセラピーとの違い

現在、医療の世界で注目されている療法の一つがメディカルアロマセラピーです。1990年代頃より医療の現場で採用されてきた療法です。この療法は、代替医療の一つです。代替医療とは、現在の主流の西洋医学以外の療法のことです。例えば東洋医学・漢方・鍼灸・マッサージ等を差します。メディカルアロマセラピーは、植物由来の精油を使用して行う医療行為です。ですが従来の普通のアロマセラピーとは若干の違いがあります。最大の違いは、普通のアロマセラピーは基本的には医療行為ではないことです。普通のアロマセラピーは医療・治療目的ではなく、香りによるリラクゼーションや心理的な気分のよさのために植物由来の精油や成分を活用します。これに対しメディカルアロマセラピーは医療・治療目的でハーブを使用します。発祥のヨーロッパでは、ずっと昔からハーブの人体へのよい影響・健康増進効果が認められていました。

アロマの二大資格、合格率が98%を達成している秘密は4つの効果的なレッスン! 無料体験レッスンを実施しております、是非ご予約ください! 出張講座も行っています。 提携サロンでの研修も行っており、現場の雰囲気を感じ就職の際のイメージをつかむこともできるでしょう。 カルチャーコースでは資格取得コース、ブレンドトレーニングコースがありフェイシャルやボディケアを学ぶコースもございます。 メディカルアロマのご案内ができます。